抗不安薬を使うタイミング

MENU

抗不安薬を使うタイミング

薬の効果持続時間や効き目によって副作用のレベルも変わる抗不安薬を服用するベストなタイミングは一体何時になるのでしょうか。摂取量はそれぞれの薬の種類によって決められています。

 

タイミングもベストタイミングがありますし、誤って違うタイミングで服用してしまうと事故を引き起こすことになるので注意しておかなければなりません。抗不安薬を服用する正しいタイミングについてみていきたいと思います。

 

基本は1日3回

抗不安薬を服用する回数は1日3回が基本です。

 

3回以内であれば自分が精神的に不安定になっているとき、緊張や焦繰で気持ちが押しつぶされそうになったとき、抗不安薬を必要としているときに服用すれば大丈夫です。

 

どのようなときに精神が不安定になるのか人によって違います。

 

自分が1番使うタイミングはどのようなときになるのか自分自身について知っておくと使い方も上手にできるでしょう。そして、必ず1日に3回以上は抗不安薬を服用しないことを頭の中にいれておいてください。

 

3回以上使用してしまうと依存症に陥ってしまい、薬を服用しなければ精神を安定することはできない体になってしまいます。副作用の中でも依存症が1番怖いものなのでそれだけは注意してくださいね。

 

間違ったタイミング

抗不安薬の中には効果が大きいあまり、副作用の反動が強いものもあります。

 

服用した後すぐに眠くなったり、頭がボーっとしたり、ふらついてしまうこともあるので服用するタイミングには気をつけておかなければなりません。例えば仕事に行く前、運転をする前、外出する前に飲んでしまうと事故にあってしまう可能性が高くなります。

 

実際に抗不安薬を服用した後すぐに自転車に乗り、転倒して大怪我をしたというケースも多数挙がっているのです。服用するタイミングは自分でしっかり見極める必要があります。

 

すぐに薬を必要としているときでも飲んだ後は数分間じっと安静にしておくなど工夫をしてください。車や自転車にはすぐに乗らないでくださいね。

 

使うタイミングによって事故を未然に防ぐことはできます。