不眠症で夜眠れない時にデパスを飲んでいました。

MENU

不眠症で夜眠れない時にデパスを飲んでいました。

10年前に就職を機に一人暮らしを始めました。仕事になかなか慣れず、一人暮らしも寂しく、相談する友達もいない、精神的にしんどい日が続いていました。1ヶ月過ぎた頃から、眠れなくなりました。ベッドに入っても全く寝付けず、結局朝方に1時間程眠って起床時間になる。という繰り返しになってしまいました。

 

昼間は異常な睡魔に襲われ、仕事にも全く身が入りません。栄養ドリンクで凌いでいましたが毎日飲んでいると効かなくなりました。これだけ昼間頑張っているのだから今夜こそ眠れるだろうと思っても、布団に入るとバッチリ目が冴えるのです。

 

色々と試しましたがどれも効果は無く、病院に行くことにしました。

 

環境が変わった事によるストレスだろうと、デパス0.5mgを処方されました。薬に頼るのは嫌だし、ちょっと怖いなぁと思っていました。

 

でもこのまま不眠が続く方が怖かったので飲んでみました。確かに、いつもとは違いました。私は元々、薬が効きやすい体質なのもあるかもしれませんが、飲んでしばらくするとふわーっとした感じになり、1時間程で眠りにつけました。

 

熟睡できたのか、朝方早くに目が覚めました。久しぶりに眠れたという感じがして、いつもよりスッキリしていました。やっぱり薬は凄い。けど、それだけ効くなんてやっぱりちょっと怖い。とも思いました。昼間は少しだるさを感じました。副作用なのかなと思いました。でも、今までのだるさに比べたらまだましです。

 

睡眠時間が少しでも取れているという事への安心感がありました。

 

1週間続け、効果があったので一旦飲むのを止めてみました。するとその日はほとんど眠れませんでした。やっぱり薬のおかげなんだ。と思い、このままずっと飲み続けないと眠れないのかなと不安になりました。そんな不安に駆られながら結局1ヶ月程飲みました。

 

その後は仕事にも一人暮らしにも徐々に慣れてきて少し落ち着いたようで、薬を半分だけ飲むようにしました。徐々に減らして、2か月後は飲まなくても済むようになりました。

 

割と即効性がありますが、その分抜け出しずらいような気がしました。一回止めて眠れなかったので、どうしても依存するようになりました。でも眠れないのが本当につらかったですし、今は治ったので良かったです。

 

後でデパスは比較的安全な薬という事を聞き、私の周りでも飲んでいる人が結構いたようなので安心しました。デパスを持っていないと落ち着かないという人もいます。

 

30代女性A.Tさんのデパス体験談

 

⇒デパスを通販で買うならコチラ