パニック障害で外出する時は必ずデパスを服用しています

MENU

パニック障害で外出する時は必ずデパスを服用しています

私はもう10年近くパニック障害を患っています。デパスは1日2回飲むように処方されていますが、オーバードーズ癖があるので、家に居る時は、なるべく飲まない努力をしています。でも、一歩でも外に出る時は別です。ちょっと買い物に出掛けるだけで、脂汗や動悸、息切れ、過呼吸の発作が起きるので、怖くて飲まずにはいられません。

 

車の運転も危うくなりそうです。その時の為にデパスは大事にとっておいています。いざという時のデパスです。確かに飲み続けていれば、不安や脂汗などは軽減されますし良い事なのですが、薬慣れし過ぎて、効かなくなる事が怖くて、極力飲まないようにしています。

 

逆に言えば、それだけデパスは効くという事なのですが・・・

 

慣れている人や(旦那や旦那の家族)仲の良い友人と会うのはデパスも1〜2錠ですみますが、見知らぬ人や久々の人、初対面の人に会う場合は、4〜5錠飲んでしまいます。

 

過呼吸の発作が起きるのが1番怖いので、そうならない為に先に準備してしまいます。これは飲み過ぎで、良くない例ですが、過呼吸の発作で気を失うほど辛いモノはないので、どうしても飲み過ぎてしまいます。

 

旦那が言うには、意識が遠のく瞬間までデパスを飲んでいるそうです。気が付くと、飲み散らかしたデパスのシートが散乱しています。その代わり、やはり効き目が良いのか、気が付いた時には過呼吸も治まって、平静にもどります。

 

デパスは眠くなる成分が入っているので、慣れるまでは1日1錠位が良いと思います。

 

慣れてくれば増やしても良いでしょうが、人それぞれ合う合わないがありますから、そこはご自分の判断で決めて下さい。私はデパスのお陰で、外出時は何とか普通の人と同レベルの生活が送れています。

 

その位、私的にはデパスの効果は絶大です。緊張を緩和してくれる成分も入っていますし(そのお陰で脂汗をかかなくなるんだと思います)、若干ではありますが、前向きになる事が出来ますし、普段通りの自分でいられます。

 

ウジウジしている自分は嫌いですが、これもなってしまった病気なので、何とか向き合って行くしかないと考えています。薬の飲み方も、私は決して正しくはありませんが、用法・用量をきちんと守って、マイナスな思考にならない様に・・・それが無理ならせめて悪い事を考えない様に、今日は今日の事を考えて前に進んで行きましょう。

 

苦しんでいる人1人だけではありません。デパスを持ち歩いてるだけでも心が休まります。私は予備に1シート必ず持って歩いています。

 

そんなお守り代わりでもいいですし、自分の負担にならないなら飲むのも良いですし、このデパスとは、上手く付き合っていく事が大切です。

 

30代女性B.Nさんのデパス体験談

 

⇒デパスを通販で買うならコチラ