市販の薬と医薬品の違い

MENU

市販の薬と医薬品の違い

基本的に抗不安薬は病院に通うことで処方される薬となっていますが、市販や通販でも個人で購入することができます。日本で販売されている抗不安薬には限りがあり、国内では販売されていない種類は個人代行輸入を利用すれば気軽に買うことができます。

 

精神病を持つ人が増えてきているので海外の製品を取り扱う通販サイトも徐々に増加しているのです。では、通販と市販の違い、それぞれの購入方法についてみていきたいと思います。

 

市販で購入する場合

日本で市販として売られている抗不安薬は少なく、小さいドラッグストアや薬局ではなかなか手に入れることはできません。手に入れることができても病院で処方される薬と比べると効き目がないのがほとんど。抗不安薬に含まれている成分が入っている似たような薬はいくつもありますが、これもやはり効果は実感できないでしょう。

 

精神を安定させることができる漢方を服用した方が安心という方もいらっしゃいます。

 

初めて抗不安薬を使用するのであれば1番安心できる病院に行き、自分の症状に合ったタイプの薬を処方してもらいましょう。その方が安心して抗不安薬を服用することができます。

 

通販で購入する場合

市販で購入するよりも海外の通販サイトや個人輸入の通販サイトを利用すれば病院で処方されている本物の抗不安薬を購入する事ができます。

 

英語の理解があるなら海外のサイトから購入する事もできますが、英語を理解していなければなりません。英語が分からない場合は海外から抗不安薬を取り寄せている個人輸入の通販サイトを利用することです。

 

インターネットで調べるとたくさんのお店が出てきます。

 

そこで注文すればわざわざ海外の販売サイトで購入せずとも自分の代わりに輸入してくれるので便利です。ただし、通販で購入するときはどの会社が販売しているのか、どのような種類の抗不安薬なのか、配達にかかる手数料・送料など確認してください。

 

後でトラブルにならないためにも事前確認は大事なポイントです。