デパスの離脱症状について

MENU

デパスの離脱症状について

デパスを長期服用したり、大量に摂取したりしない限りは、離脱症状が起きるようなことは基本的にないはずです。ただ、薬そのものの持つ作用から考えれば、依存性をもたらす可能性は高い成分だということを忘れるわけにはいきません。

 

デパスの主要となっている成分はエチゾラムですが、エチゾラムを含む精神安定剤は、長期の継続利用には注意が必要です。身体の中にエチゾラムがある状態が、その肉体にとって「普通」の状態になってしまった場合、血中濃度が下がることで逆に副作用が起こる可能性があるのです。

 

もし長期服用でそのような症状が出るようであれば、薬の減らし方を医師の指示の元計画する必要があります。急に止めることが出来ませんので、徐々に少なくしつつ、副作用があまり強く出ないように減らしていくことになります。

 

この時に離脱症状が現れる場合もあり、身体の中から薬を追い出すのは簡単ではありません。
離脱症状というのは、長く使ってきた薬を止める時に出てくる精神的な弊害や肉体的な弊害です。

 

デパスで起きる離脱症状

デパスで知られている代表的な離脱症状は、せん妄、幻覚症状、不眠、けいれん、発作、ふるえやめまい、妄想などの神経性の症状です。辛い身体の不調を緩和するために使っていた薬なのに、度を過ぎると逆に辛い症状を増長してしまうというのはあまりに悲しいですね。

 

薬には頼りすぎず、少しずつうまく付き合っていくのがいかに大事なことかということでしょう。

 

ただ、服用量に注意して、身体の状態を見ながら丁寧に薬を使っている分には、デパスは優秀な薬であることは間違いないでしょう。過剰に怖がったり不安に思ったり、医師の処方を無視して飲まなかったりするのも間違いです。

 

もし万が一禁断症状のような気持ちの変化を感じたら、すぐに医師に相談してください。

 

例えば、デパスを飲まないといられないとか、常にデパスが手元にないとパニックになるといった気持ち的な変化でも重要なポイントです。