抗不安薬の種類

MENU

抗不安薬の種類

うつ病の薬として知られている抗不安薬にはさまざまな種類があります。
それぞれの薬によって効果が違うので使用する前にしっかり確認しておきましょう。

 

自分自身の病気や体質に合った抗不安薬を使っていかなければ効果はありませんし、使う意味もありません。抗不安薬の種類は以下の通りです。

 

ベンゾジアゼピン系

抗不安薬といわれている薬の多くにみられる種類が「ベンゾジアゼピン系」です。

 

BZDど表記されることもあり、アルコール依存症、不安、パニック障害、発作のような症状に効果的な薬でもあります。鎮静、睡眠、抗てんかん作用があるのです。

 

脳の活動を抑える働きがあるので眠気や頭がボーッとするなどの副作用もみられるのですが、1番注意してほしいのは“依存症”です。ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は使用するたびに依存してしまう確率が高いので使い方に工夫を凝らさなければなりません。

 

依存してしまうと本質的に精神を安定させることはできないので注意してください。

 

チエノジアゼピン系

チエノジアゼピン系の抗不安薬はベンゾジアゼピン系と非常に類似しています。

 

主に睡眠薬として使用される薬でもあり、精神細胞の興奮を全体的に抑制してくれる働きをもっています。違う点を挙げると持続時間が約6時間と短いことです。

 

持続時間が短くとも効果は抜群ですので作用が強い分、反動である副作用が大きいことがこの薬の特徴でもあります。精神を安定させるだけでなく、肩こりに効果的な部分ももっています。

 

ジフェニルメタン系

日本国内ではベンゾジアゼピン系・チエノジアゼピン系と比べるとあまり使用されていない抗不安薬です。精神安定剤としても利用されているのですが、下痢や便秘薬としても活躍している薬でもあります。

 

日本国内で使用されている薬としてはベンゾジアゼピン系ともうひとつの種類であるセロトニン作動性と呼ばれている薬となっています。それぞれの薬のタイプ、特徴、副作用など知っておくと自分に合った抗不安薬を利用し、うつ病といった精神病を改善していくことができるはずです。