抗不安薬に副作用はあるの?

MENU

抗不安薬に副作用はあるの?

薬を服用する場合、その薬の効果といった良いところだけでなく、副作用があるかどうかデメリット部分についても目を向けておかなければなりません。

 

副作用について知らないまま服用してしまうと効果はないどころか、副作用によって体に負担がかかってしまいます。

 

体に負担がかかるとさらに精神病が悪化することもあるので注意が必要です。
抗不安薬にはどのような副作用があるのかどうかみていきましょう。

 

依存症

抗不安薬の1番の副作用とも言えるのが「依存症」です。

 

パニック障害や精神が不安定になっているときに抗不安薬は非常に便利な薬ですが、ずっと頼ってしまうと薬なしでは生きられない体になってしまいます。

 

それが依存症の始まりであり、1度依存してしまうとそこからなかなか抜け出すことができません。
また、完璧に精神病を治すこともできなくなってしまいます。

 

長く薬を使用している人ほど依存症に陥りやすい傾向があるので注意しておかなければならないでしょう。依存しないために今まで服用していた薬を急にやめている人もいますが、逆に禁断症状・離脱症状を発症させてしまうためお勧めできません。

 

1番良いのは薬の量を徐々に減らしていくことです。

 

ふらつきや眠気

多くの抗不安薬でみられる副作用が「ふらつき」「眠気」です。

 

これらの副作用は抗不安薬としての作用が強いタイプの薬によくみられます。

 

精神面の作用だけでなく、肩こりに効果的な筋弛緩作用や睡眠鎮静作用がある薬を服用している方はふらつきや眠気に注意してください。薬を飲んだ後はすぐに動かず、ゆっくり体を休めることが大切です。

 

飲んだ後に運転したり、外出すると事故のもとになってしまいます。いつ飲めば良いのかタイミングについて考えることで上手に抗不安薬を服用していくことができます。

 

命に関わる病気の発症

抗不安薬は使用量によってがんや認知症などの病気を発症させる可能性が高いと研究により判明しています。死亡率が上がる薬となっているので担当医の指示をしっかり守りながら服用していかなければいけません。

 

市販薬としても販売されていることから気軽に購入することができる薬となっています。

 

自分で使用する場合は使用上の注意点に必ず記載されてある“1日の服用量”を絶対に守ってください。過剰な摂取は命に関わる病気を発症させます。