デパスとはどんな薬?

MENU

デパスとはどんな薬?

デパスというのは神経に作用する薬で、一般名は「エチゾラム」といいます。

 

とてもメジャーな薬で、1984年に発売されてからずっと代表的なマイナートランキライザー(抗不安薬)として第一選択として使用されている精神安定剤です。

 

それまでの抗不安薬と言えば、日本ではセルシンが主流でした。
そんなトップの薬を交代させるほど、有用性の高い薬として使われるようになったのです。

 

それだけ有名な薬ですから、当然ジェネリック医薬品もたくさん発売されています。

 

例えば、ちょっと挙げただけでもエチドラール、エチカーム、モーズン、パルギン、エチセダン、グペリース、 エチゾラン、デゾラム、メディピース、デムナット、ノンネルブ、カプセーフ、サイラゼパム、アロファルム、セデコパンなどなど、本当にたくさんの薬の名前を挙げることが出来ます。

 

それだけたくさんの製薬会社が、同じ成分の薬を製造したいと思うほど有名な薬だということですね。同時に、優れた効能を持つ優良な薬だということがわかります。

 

実はこのデパスは、日本の製薬会社が開発した薬だということをご存知でしょうか?

 

抗不安薬など、神経に作用する薬のほとんどが海外の企業が開発したものばかりという中で、このデパスは吉富製薬という日本の会社が開発した純国産の薬です。

 

名前からなんとなくアメリカの薬のように感じるかもしれませんが、英単語を組み合わせて作られた造語だそうです。リラックスするための神経にはたらきかけて、脳の緊張を解き、肉体の緊張解き、気持ちを落ち着けてくれる作用があります。

 

デパスは、更年期障害にも処方されることのある薬です。

 

原因不明のイライラを鎮めてくれたり、高血圧症や十二指腸潰瘍、胃潰瘍などの内臓系、循環器系の病気、肩こり腰痛といった筋骨の不具合にも効果があります。

 

デパス自体に睡眠を起こす作用はないのですが、脳の緊張が解けることで眠気を強く感じる人も多いようです。このため入眠剤として処方される場合もあるようですね。