安定剤デパス

MENU

デパスの効果は超万能薬!

★抗不安薬のデパスの効果はとても凄い!

 

「デパスは万能薬だ」などと言われることもあるほど、その効果はとても広いことで知られています。脳のBZD受容体という神経受容体に結合して不安感の緩和や心身安定に作用する薬ですので、抗うつや抗不安に処方されるのが本来の処方と言えるでしょう。でも実際にはもっと幅広く活用されていて、抗うつ以外でも病院で内服薬として処方されたり、治療中に使われたりすることの多い薬です。

 

デパスの主な効果
  • 不安感や緊張感を緩和する・抗うつ効果
  • 不眠症状の方向けの睡眠導入剤
  • 肩こりやストレスの緩和

 

主な効果を簡単にまとめるとすれば、不安感や緊張感の緩和というのはもちろんとして、睡眠に関する問題を改善したり、精神ではなく肉体的な不具合の改善に効果があると言えます。

 

例えば、神経の昂ぶりや動悸、興奮を鎮めることで、不眠症や不眠に対する不安を取り除き、自然に眠りにつくための入眠剤として使われるケースがとても多いです。

 

デパス自体は睡眠薬ではないのですが、脳神経がリラックスすることで自然に眠気を感じることができるようになります。反対に、寝てはいけない時には服用には注意が必要でしょう。

 

★デパスの豆知識
ネーミングは、もともとデパスを開発した吉富製薬が鬱(うつ)の英語「depression」と、通過する・乗り越えるといった意味を持つ「pass」(パス)という二つの英単語を組み合わせて作った造語だと言われていますので、吉富製薬としてはおそらく「抗抑うつ症状」の作用を持たせた薬として認識していたということでしょう。

 

また、呼吸器系や循環器系、消化器系の内蔵の疾患のうち、ストレスや不安が引き金となりやすい病気の緩和にも効果があり、過敏性腸症候群、気管支ぜんそく、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、高血圧などの疾患や、女性の更年期障害などにも効果を発揮することで知られています。

 

ただし、こちらは他に原因がある場合もありますので、効くかどうかは定かではありません。

 

単純に、肩こりや腰痛、首の痛み、片頭痛などの日常的な肉体の痛みの緩和に使われる場合もありますし、手術の前の肉体や精神の緊張を緩和させるために治療前に使われることもあります。
(※手術前に飲ませられる薬は大体このデパスです。)

 

▼安定剤デパスが買える通販サイト▼

医薬品個人輸入代行オオサカ堂

 

※TOPページより「デパス」と検索してください。

 


デパスの色々な場面での使い方

デパスはかなり広い範囲で処方されていて、効果も効能も幅広い薬です。

 

病院でデパスを処方されるケースは、
不安が強くて気持ちが落ち着かないという場合、原因がわからずイライラが止まらないという場合、緊張して動悸が激しくなったり息苦しくなるという場合、寝ようとすると眠れなくて、眠れないことで余計に不安になるような場合です。

 

または、強い肩こりや腰痛、首のこりなどといった肉体的な筋肉の緊張を和らげる際にもデパスが使われることがあります。手術前の不安を和らげるために服用する事もあります。

 

処方される症状としては、不安神経症、パニック障害、うつ病(抑うつ状態)、適応障害、自立神経失調症、更年期障害、不眠症などで、主に心身症がメインになります。

 

★デパスは即効性のある薬です。

 

服用してから効き目を感じるまでにだいたい15分くらいですぐに効くので、夜寝る前や不安を感じた時に服用すればすぐ作用します。

 

基本は食事の後決められた回数飲むことになるようですが、長期の服用や大量に服用するとリラックスを得られなくなるどころか症状が悪化してしまう場合もあるので、頼りすぎるのはやめましょう。

 

基本は1日に3mg以上処方されることはないと思いますので、1日3回飲む場合には1回の量はおそらく1mg以下に設定されているはずです。0.5mgでも十分効果があるので、初めての方は0.5mgを使用しましょう。

 

一番問題なのは他の薬と併用してしまうことで、効き目が強くなったり弱くなったり、安定しなくなるために十分注意が必要です。特に注意が必要なのがリトナビルという成分との併用で、呼吸困難になって大変危険な状態になる可能性があります。

 

薬は怖いものですから、絶対に厳重注意が必要です。
また、アルコールと共に飲んではいけません、服用中は禁酒です。

 

他人と話す時に異常に緊張する場合に処方されたり、めまいがひどくて眠れない場合に耳鼻科で処方されたり、肩や首のこりが何をやっても取れない時に整形外科で処方されたりします。

 

デパスの持続時間はどのくらい?

 

デパスという薬がどれくらいの効果の持続時間を持っているのか調べてみましょう。デパスは、とても即効性の高い薬として知られていて、服用して数分で血中濃度が高まる作用を持っています。

 

手術の前に緊張を解くために使われることもありますが、それだけすぐに十分な効き目が現れるということですよね。

 

効果の持続時間は、約6時間前後と言われています。

 

ただ薬の効くまでの時間、効いている時間などについてはとても個人差が大きいので、人によっては4時間〜5時間くらいで切れてしまう場合もあれば、もっと長めに効く場合もあるでしょう。そうした個人差を考えた上で、服用量や服用のタイミングなどは図る必要があります。

 

薬というのは、デパスに限らず、身体に入れた段階から薬が血液の中にどれくらいの濃度で保たれているかによって効き方が変わります。これを血中濃度と言いますが、この血中濃度がピークの時間帯が一番効果が高くなるタイミングです。

 

デパスの場合、薬を身体に入れてから約3時間程度がもっとも効果が高い時間帯になります。

 

薬が徐々に血液中に溶け出して、血中濃度が一番高い値を示すのが平均的に3時間くらいだからですね。この時間を過ぎると徐々に薬の成分が分解されて、濃度が低くなり、やがて効果が徐々になくなって切れることになります。

 

デパスはその即効性と高い効果からとても有用性の高い薬だと言われていますが、強い薬ということは、それだけ副作用に注意が必要だったり、長期使用による禁断症状に細心の注意を払う必要があることになります。

 

ただ、そうした神経に作用する薬の中でもデパスは比較的重篤な副作用が少なく、安全に使いやすい薬です。抗うつから肩こり解消まで広く使える薬というのは、なかなかありませんね。

 

あまり過剰に心配する必要はありませんが、もちろんいい加減に服用して良い薬ではありません。神経の緊張を緩和させる薬に神経質になるのはいけませんが、正しい知識を持って決められた期間に決められた量を守って服用すれば、ほぼ問題ないと認識しておきましょう。


デパスを個人輸入代行で購入する方法

抗不安薬のひとつであるデパスは不安・緊張を和らげてくれる作用があります。そのため、夜になかなか寝ることができない不眠症の方でも多くの人が利用している薬です。

 

しかし、デパスは市販では手に入れることができません。病院で処方してもらうか、または個人輸入代行の通販を利用するかどちらかになります。

 

個人輸入代行とは?

インターネットが幅広く普及されたことにより、注目されている個人輸入代行は、海外で販売されている商品を個人で輸入して購入する方法のことです。

 

インターネットで個人輸入代行を行っているお店から通販で購入することになります。

 

24時間環境さえ整っていれば利用できるインターネットで個人輸入代行をしている人がほとんどです。もちろん日本語に対応しているので外国語が理解できなくても個人輸入代行をおこなっている業者やお店を利用すれば簡単に手に入れることができます。

 

普通の通販と同じように買えるから安心利用する

デパスを個人輸入代行で購入する場合は、インターネットを利用してください。

 

オオサカ堂さんからデパス0.5mgや1mgを購入する事ができますが、普通のいつも使っている通販とほとんど手続きは変わりません。ただ、海外から送られてくるので、普通の通販と比べると届くまでに時間がかかります。

 

購入するときは主にクレジットカードか口座振込みとなります。精神かなんて行きたくないけどデパスを手に入れたいって人は大体個人輸入の通販サイトからお薬を購入しています。デパス以外にも色々な薬が買えるのでかなり便利ですね。

 

▼安定剤デパスが買える通販サイト▼

医薬品個人輸入代行オオサカ堂

 

※TOPページより「デパス」と検索してください。